M&Aプラットフォームの出現によって、一部の買い手企業に限られていた多数案件の同時比較検討が、誰にでも可能になったことは前回、触れました。

 しかし、選択肢の増加は喜ばしいことばかりではありません。今までは仲介会社によって厳選された優良案件だけを検討できたのに、これからは自己責任で案件を選ぶ時代になったとも言えるからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1366文字 / 全文1538文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。