アパレル業界は市場が激変している。戦後日本を支えた繊維産業は、他業界に先駆けて海外への生産移転が進んだ。その後も国内中小工場は必死に戦ってきたが、いよいよ大きな転換点を迎えている。例えば、ワークマンのように、アパレル業界に活気をもたらす企業は次々に現れている。それは中小企業でも同じだ。

 ここでは激変するアパレル業界で戦う中小企業の事例を通し、他業界の企業にこれから待ち受ける針路を探った。そこから見えるメインテーマは、「個性の出し方」である。

<目次>
(1)【作り方】肌着の下請け会社が「着る岩盤浴」へ転じた理由
(2)【売り方】柔道着の生地を使った目新しい商品が話題呼ぶ
(3)【あり方】消費者は会社をふるいにかけている(10月13日公開)


How to sell 【売り方】

ジャパネットたかたの髙田明社長は、テレビ通販の市場を切り開いた。新しい売り方をどんどん試してみるのは、経営者の基本要件だ。百貨店や量販店頼みでなく、新たな販路で積極展開する会社を紹介する。

 近年は店舗だけでなく、ECサイトで商品を販売するケースが増えている。アパレル業界でも、一昔前まではネットで衣服を買うことに対して「実物を見たり、試着したりしないと不安」とためらう人が多かったが、今では「自宅に居ながら気軽に服を選べる」とむしろメリットが先に立つ。

 経済産業省が2021年7月に発表した電子商取引に関する市場調査によると、アパレル(衣類、服装雑貨など)のEC市場は、ここ数年ずっと右肩上がりで、20年の市場規模は2兆2200億円に上った(前年比約16%増)。

 コロナ禍で多くの消費者が外出を自粛し、実店舗の営業にも制限がかかったためで、現在はアパレル製品の2割近くがECで買われていると見られる。

 ただし、「ネットで販売すれば売れる」という単純なものではない。今はEC市場も競争が激化している。単なるEC販売とは違うアプローチを模索する必要があるのだ。ここでは売り方に知恵を絞り、成果を上げている企業を紹介する。

続きを読む 2/4 次の100年に向けて

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3880文字 / 全文5342文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。