自動車が今、巨大な変化のただ中にあることは既に知られる通り。だが、その道筋は一体どうなるのか。電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)…。クルマの形態は何かに落ち着くのか、それとも併存か。日本が強さを持ち続けてきた自動車メーカーは無くなるのか、米アップルなどの新興勢力が市場を席巻するのか。そのとき、日本の部品産業はどうなるだろう。クルマの近未来リポート。

<span class="fontBold">出所:ロベコ・スイス・エージ―のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成<br/> 注:プラグイン以外のハイブリッド車は「エンジン車」に含まれている。2020年以降は予測</span>
出所:ロベコ・スイス・エージ―のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
注:プラグイン以外のハイブリッド車は「エンジン車」に含まれている。2020年以降は予測

 Question 1 自動車産業の変化 
ガソリン車は無くなるのか?

 「自動車に大きな変革期が訪れている。それが当社にとってどういう意味を持つのか。それを考える起点になるのが電気自動車(EV)だと思う」

 こう話すのは、ソニーグループAIロボティクスビジネス担当の川西泉・常務だ。ソニーは2018年初めから、EVの「VISION─S(ビジョンS)」開発に乗り出している。しかもビジョンSは、自動運転を目指しており、昨年末にはオーストリア、今年4月にはドイツで早くも走行試験の実施にこぎ着けた。

「EVへ一直線」ではない

<span class="fontBold">トヨタ自動車は2020年末に燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を一新した。今後EVの車種も増やしていく</span>(写真:トヨタ自動車提供)
トヨタ自動車は2020年末に燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を一新した。今後EVの車種も増やしていく(写真:トヨタ自動車提供)

 ソニーがオーストリアで公道実験を始めた頃、トヨタ自動車は、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を6年ぶりに全面改良して発売した。動力源のFCシステムを刷新し、電気エネルギーのもとになる水素充填1回の航続距離を先代車比で30%以上伸ばした。

 世界最大の自動車メーカーが、水素と酸素の化学反応で電気を作って動かすFCVという先端の電動車を一新する一方で、グローバルな電機メーカーがEV開発を本格化する。米アップルもEV参入がしきりに取り沙汰される。

 だがこれは特別な動きではない。欧州連合(EU)の欧州委員会は今年夏、35年までにガソリン車などすべての内燃機関のクルマの新車販売を事実上禁止する案を公表。米国のバイデン大統領は、30年に新車の50%を電動車にする目標を定めた大統領令に署名した。

 中国は35年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討を始めた。日本も同年までに乗用車の国内新車販売をすべて電動車にする目標を掲げている。主要自動車市場がわずか10年程度先に、電動化へ大きく舵を切ろうとしていることが巨大企業を突き動かしているのだ。

 背景にあるのは、EU、日本が50年、中国は60年までに温暖化ガス排出を実質ゼロとし、米国は30年に半減(05年比)とするなど脱炭素化が加速していることだ。変化の屈折点は25年頃。「その頃からEVの普及期に入る」(関潤・日本電産社長兼CEO)との見方もある(上記グラフ参照)。

 ただ、EV化へ一直線に向かうと考えるのは早計だ。日本や中国のように電源に火力発電の多い国はEV化で電力消費量を増やすと、川上で温暖化ガス排出量が増えかねない。再生可能エネルギーで置き換えるには膨大なコストがかかり、容易ではないからだ。充電場所の整備もこれから。FCVも水素ステーションがほとんどない。

 日本が強いハイブリッド(HV)車は内燃機関を使うため、EUの言うCO2ゼロ車には入らない。一方、プラグインハイブリッド(PHV)車は、充電できてメタノールなどを燃料にすればCO2ゼロ車になり得る。ただし中国の環境対応車にはHVも入る。こうした状況を見ると、少なくとも30年代まではガソリン車を含め多様な自動車が混在するのではないか。

続きを読む 2/6 残る部品にも試練

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5963文字 / 全文7725文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。