<span class="fontBold">白井 一幸(しらい・かずゆき)</span><br>駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)
白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 SNS(交流サイト)で相手を攻撃する人が増えています。最近も五輪選手に対する中傷が問題になりました。SNSで書いた内容を、実際に相手と対面しても同じように言えるのでしょうか。

 コミュニケーションを取った上で「私はこう思う。あなたの考え方は違う」と批判するのならいいですが、一方的に「あなたはダメだ」と畳みかけるのはおかしい。

 「SNSとはそういうもので、何を発言しようが勝手だ」と居直る人もいますが、平気で相手を傷つけるのは人として間違っています。言論の自由をはき違えています。

 企業研修などでいろいろな人と話していると、会社でも攻撃型の人が増えているようです。「あなたは間違えている」という否定からスタートし、「なぜそんなことをするのですか」「なぜ、私が言った通りにしないのか」「だからあなたはダメなのです」と、どんどん相手を追い詰める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り996文字 / 全文1375文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。