以前、私はよくデジタルカメラを持ち歩き、社内の様子を撮影していました。社員たちが普段どのように仕事をしているかを撮りためて、会社のホームページに掲載するためです。

 最近は、ホームページ担当の社員たちが撮影してくれていますが、その撮影風景は以前とは少し違っているようです。

 「写真を撮るよー!」と伝えると、ある社員は笑顔で完璧なポーズを決めてくれ、ある社員は「この角度はNGです! こちちからお願いします!」と言う。「ホームページに掲載してもいい?」と聞くと、「どんどん使ってください! 私の写真はフリー素材ですから(笑)」なんて返してくれます。SNS時代の若者たちは写真を撮るのも撮られるのも慣れているんだなと実感します。

スマホでどう見えるか?

山地 章夫[やまち・あきお]
山地 章夫[やまち・あきお]
これまでに累計120の事業を立ち上げ、現在は住宅関連、インテリア、介護、イベント、商社など50事業、売上高245億円のグループ経営を手がける「ヤマチユナイテッド」代表。1955年生まれ。家業の建材卸問屋を継ぎ、「連邦・多角化経営」で飛躍。2021年北海道新卒就職人気企業ランキング第10位。『新規事業と多角化経営』など著書多数(写真/吉田サトル)

 こんにちは、ヤマチユナイテッドの山地です。前回はSNSでの発信についてお話ししましたが、今回は会社のホームページにおける採用情報の発信についてお伝えしたいと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1676文字 / 全文2093文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。