岩倉昌弘(いわくら・まさひろ)
岩倉昌弘(いわくら・まさひろ)
1961年兵庫県生まれ。85年関西大学卒業後、鐘紡に入社。日用品事業で営業、人事、新規事業などに従事。2005年カネボウホームプロダクツ販売社長に就任。クラシエホームプロダクツ社長を経て、18年から現職。グループ売上高は943億円、同営業利益は90億円(いずれも21年12月期)。グループの従業員数は1738人(21年12月末時点)(写真/鈴木愛子)

Q.2004年、多角化経営を歩んだカネボウが破綻。「おまけ」と呼ばれた3事業で新生クラシエとしていかに戦ったか。

A.社員にあらゆる情報をオープンにした

 昔は「クラシエです」と名乗っても分かってもらえず、「元カネボウの」とよく説明したものです。当社は2004年に経営破綻したカネボウの日用品、薬品、食品という3つの事業を継承した会社です。化粧品の「おまけ」を集めたと揶揄されたこともありましたが、クラシエとして再出発して15年、売上高も間もなく1000億円に手が届くまでになりました。

[画像のクリックで拡大表示]

 カネボウの破綻直前まで、私は大阪で日用品事業の販売部長をしていました。会社が危ないという予兆はもちろんありました。給与は10%カット、賞与も出なくなっていましたから。しかも全部新聞報道で知りました。

 営業の現場も異常でした。カネボウは売り上げ至上主義で、月末になるとノルマ達成のため、得意先に頭を下げて商品を押し込み、売り上げを立てていました。

 そんな状況でも辞めなかったのは、100年以上続いた会社が崩壊する姿を見届けたいと思ったからです。迷惑をかけ続けてきた得意先にきちんと対応しなければという気持ちもありました。

 それに最後に数字を無理につくらされて大変な思いをしていたものの、日用品事業は比較的順調で商品力もありました。解体されても、あしき習慣を改めれば事業を続けられると思っていたのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1788文字 / 全文2399文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。