コロナ禍で各企業の業績が苦しくなる中、気をつけなければならないのが、顧客の業績不振や倒産で債権が焦げつくことだ。これを防ぐためには、日ごろからの用心、備えが欠かせない。この特集では危ない会社の見分け方を整理し、不測の事態に陥りにくくする方法をお伝えする。


(写真/PIXTA)
(写真/PIXTA)
<特集全体の目次>
・コロナ禍の与信管理で、3日以内の催促をルール化
・朝礼で毎日入金を確認、すぐに対応して焦げつき防ぐ
・与信管理で「まさか」に陥らないためのノウハウ

 与信管理のポイントは、ルールを決めて明文化すること。新規客はもちろん、既存客にも目配りする必要がある。以下では新規客と既存客に分けて、危ない会社の見分け方を解説していく。

 新規客が怪しいかどうかを見極めるための入り口は、各種登記簿を押さえておくこと。具体的には、商業登記簿、不動産登記簿、動産譲渡登記簿、債権譲渡登記簿の4つを確認する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2731文字 / 全文3132文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。