老朽化した地方の団地の再生プロジェクトに取り組む東邦レオ。UR都市機構や市と共に目指すのは「サスティナブル・ コミュニティ」。本業の緑化事業を脱皮し、社会課題解決型のビジネスに力を入れる。

(構成/尾越まり恵)

<span class="fontBold">吉田 啓助[よしだ・けいすけ】</span><br />1978年生まれ。2001年東邦レオに入社。12年に集合住宅の植栽管理とコミュニティー形成をサービスにしたGreen×Town事業を立ち上げる。18年から団地再生事業に取り組み、20年に福岡県宗像市日の里団地の再生プロジェクト「さとづくり48」の共同リーダーに就任
吉田 啓助[よしだ・けいすけ】
1978年生まれ。2001年東邦レオに入社。12年に集合住宅の植栽管理とコミュニティー形成をサービスにしたGreen×Town事業を立ち上げる。18年から団地再生事業に取り組み、20年に福岡県宗像市日の里団地の再生プロジェクト「さとづくり48」の共同リーダーに就任

福岡県宗像(むなかた)市で取り組んでいる街づくりが注目を集めています。どんなプロジェクトですか。

吉田:宗像市は福岡市と北九州市の中間に位置し、両市のベッドタウンとして発展してきました。その宗像市に「日の里団地」という大きな団地があり、ピーク時には約2万人が暮らしていたんです。

 でも開発から50年たち、老朽化や高齢化が課題となり、一区画の解体が決まりました。そこで団地を運営するUR都市機構と宗像市、そしてハウスメーカーなど10社が手を組んで、団地再生を軸にした地域活性化を目指して「さとづくり48」プロジェクトを発足しました。その10社の中に、東邦レオが入っています。

東邦レオはどのような役割を担っているのですか。

吉田:全68棟ある団地の中で老朽化した10棟のスペースに、来年以降、戸建て住宅が64戸建つ予定です。解体するのは9棟で、1棟を残します。そこが48号棟なので「ひのさと48」と名づけ、「生活利便施設」として、我々が運営・管理を担っています。

 また、戸建てもただ碁盤の目に建てるのではなく、庭をシェアして、住民みんなでバーベキューやボール遊びができる共有スペースを作る予定です。小さな里山のようなイメージですが、その企画設計も請け負っています。

土壌改良材から屋上・都市緑化へ

東邦レオは1965年に橘俊夫会長の父が設立した。もとはパーライトという土壌改良材を扱う会社だったが、住宅の外断熱システム、屋上緑化、都市緑化へと事業を拡大。最近は吉川稔社長(下写真)の下、街や集合住宅のコミュニティーづくりにも力を入れている。本社は大阪市、売上高約60億円、従業員は約230人

暮らしをつくる

<span class="fontBold">団地再生プロジェクトの活動拠点として、解体せず残した48号棟を「ひのさと48」と命名。保育園やDIY工房などが既にオープンしており、東邦レオが管理運営する</span>
団地再生プロジェクトの活動拠点として、解体せず残した48号棟を「ひのさと48」と命名。保育園やDIY工房などが既にオープンしており、東邦レオが管理運営する

建物を新しく建て替えるだけでなく、新しいコミュニティーをつくっていく。

吉田:建物を新しくするだけでは50年後にまた、高齢化など同じ問題が起きてしまいます。プロジェクトのコンセプトは「サスティナブル・コミュニティ」。ここに住む人には、単に家を買うというより、ここの暮らしを気に入って買ってほしいと思っています。

続きを読む 2/3 ノウハウを横展開

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。