今、中国の若者の間で「フライングディスク」(フリスビーとも呼ばれますが、この名称はワーム・オーの登録商標です)が大流行しています。SNSアプリ「Red(小紅書)」が発表した「2022年10大生活トレンド」によると、フライングディスク関連のコンテンツ発信量は前年比6倍増となり、関連商品の市場も急成長しているといいます。

おしゃれでかわいい服装でフライングディスクを楽しむ若い女性が増えている(写真=(C)這是汪汪隊(小紅書))
おしゃれでかわいい服装でフライングディスクを楽しむ若い女性が増えている(写真=(C)這是汪汪隊(小紅書))

 フライングディスクは昔からありますが、今、なぜ、中国でブームが起きているのでしょうか。今回はその背景とビジネスチャンスについて見ていきます。

 フライングディスクは1940年代に米国の大学生がパイ皿を投げて遊んだことが起源とされているスポーツです。正式な競技(アルティメット)は、サッカー場を使い、7人1チームに分かれて点数を競い合いますが、友人同士で遊ぶだけなら公園で十分。野球のキャッチボールと同様に、小さくて軽いフライングディスクを1枚用意するだけで楽しめます。

 中国では2021年からフライングディスクのブームが加速し、今夏もその勢いは止まりません。きっかけは、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴うロックダウンです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2106文字 / 全文2596文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。