人口減少、デジタル化など、事業環境が大きく変わる中、新規事業を模索する中小企業経営者が増えている。頭を軟らかくするヒントをスタートアップの発想に学ぼう。今回登場するのは、VRコンテンツ作成サービスを提供するスペースリーの森田博和社長。コロナ禍で対面接客が難しくなった不動産仲介、飲食店や製造業の社員研修などで活用が広がっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2002文字 / 全文2019文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題