<span class="fontBold">みなみ・けいた</span><br> 1985年石川県生まれ。米カリフォルニア大サンディエゴ校経済学部を卒業後、2009年に大和総研に入社。東京都内の外食企業などの勤務を経て13年1月に家業であるチャンピオンカレーに入社。16年10月から3代目の社長に就任(写真:山岸政仁)
みなみ・けいた
1985年石川県生まれ。米カリフォルニア大サンディエゴ校経済学部を卒業後、2009年に大和総研に入社。東京都内の外食企業などの勤務を経て13年1月に家業であるチャンピオンカレーに入社。16年10月から3代目の社長に就任(写真:山岸政仁)

 読書の面白い点は、血肉として知らぬ間に自分の価値観の一端を担い、思わぬ人生の局面でそれを実感させられる部分にあると感じています。

『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』
著者:カート・ヴォネガット・ジュニア
訳者:浅倉久志
出版社:早川書房
価格:544円(Kindleの価格、10%税込み)

 今回ご紹介する『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』を私が読んだのは、今から10年以上前の大学生の頃でした。著者のカート・ヴォネガットは、一般的にはSF作家と位置づけられますが、その作風はどの話も不思議な寓意(ぐうい)性とシニカルさに満ちており、SFの枠組みには収まり切らない、ヴォネガットという1つのジャンルと言っていいでしょう。

 本書は米国インディアナ州のある富豪一族、ローズウォーター家の富を巡る物語です。南北戦争前後の混乱期に投機と贈賄を武器に巨万の富を築いたローズウォーター家は徐々に金融事業にも進出、批判的な政治家やメディアも金で買収し、不動の経済的基盤を築きます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1454文字 / 全文1902文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

稲盛和夫氏の書籍を続々刊行

■『経営12カ条 経営者として貫くべきこと

 実践のなかから生み出された経営の要諦である稲盛和夫氏の「経営12カ条」。その真髄をあますところなく語った書籍『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)がついに刊行。

 『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』に続く「稲盛経営3部作」、ここに完結。


■『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって登場。