今月の調査マン
東京商工リサーチ 情報本部情報部課長 増田和史
2003年東京商工リサーチ入社。情報本部で15年以上、企業倒産の取材や分析に携わる

 6月に老子(おいご)製作所(富山県高岡市)が民事再生法を申請した。同社は寺院などの梵鐘(ぼんしょう)(釣り鐘)で、国内シェアの約70%を占める鋳物メーカーとして知られた。

 「広島 平和の鐘」に代表される数々の梵鐘や仏像、仏具を手がけ、創業は江戸中期という老舗企業でもあった。約400年の歴史を持つ地場の伝統工芸を脈々と受け継いできたが、近年は需要減に歯止めがかからず業績が低迷し、民事再生による再建を選択した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1060文字 / 全文1346文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。