石見焼製品を手がけてきた島根県江津市の元重製陶所。2代にわたって、時代に合う製品開発や効率的な生産方法を開発し、新しい販路を開拓している。

元重製陶所の元重彰治社長(右)と四代目に当たる元重慎市専務(中央)は効率的な生産方法などで市場を切り開いてきた(写真提供/元重製陶所)
元重製陶所の元重彰治社長(右)と四代目に当たる元重慎市専務(中央)は効率的な生産方法などで市場を切り開いてきた(写真提供/元重製陶所)

 元重製陶所は1925年に創業。耐久性・耐水性に優れた石見焼の伝統を生かし、主に水がめを製造していた。しかし水道の普及で需要が減ったため、植木鉢の製造に転換した。70年代からは植木鉢もプラスチック製品に代替され、売り上げは約3000万円に落ち込み、借入金は約5000万円に達した。窮状を救うため、大手電機メーカーのエンジニアだった現社長の元重彰治氏は、81年に家業に戻った。

 彰治氏が陶器店に営業に行くと、すり鉢が供給不足であることが分かり、すり鉢の製造に特化する。すり鉢の製造では、職人技で内部に櫛目をつける。その職人技に加えて、彰治氏は効率的な生産ラインを開発し、高品質のすり鉢を安く大量生産することに成功した。さらにすり鉢の底にシリコンゴムをつけ、滑らないようにも工夫した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1478文字 / 全文1892文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。