京セラ創業者で名誉会長の稲盛和夫氏が亡くなりました。日経トップリーダーでは稲盛氏の過去の講話をまとめた連載を掲載しております。今回は2017年2月の盛和塾尾張開塾式での講話を掲載します。謹んでお悔やみ申し上げます。

(日経トップリーダー編集長 小平和良)

(写真/PIXTA)
(写真/PIXTA)

 ここまで企業を成長発展させるために経営者に求められるフィロソフィについて、具体的な項目を挙げて説明してきました。以上述べたフィロソフィを実践するならば、必ずや立派な企業をつくり上げることができるはずです。

 では、そのようにしてつくり上げられた立派な企業を維持していくためには、どうすればよいのでしょうか。私は、そのためには、何よりも経営者に「謙虚にして驕(おご)らず」というフィロソフィが求められると思います。

 立派な企業をつくり上げれば、その経営者は周囲からちやほやされるようになります。そして、知らず知らずのうちに傲慢になっていくものです。決して、自分では気がつきません。だからこそ、「謙虚にして驕らず」ということを、自分に厳しく言い聞かせ、絶対にそうあってはならないと、強く心していかなければならないのです。

 私は、かつて京セラの経営スローガンで、この「謙虚にして驕らず」ということをうたいましたが、それは京セラが急成長企業、高収益企業として、社会から高い評価を受けている、まさに絶好調のときでした。

 そして私は、その経営スローガンにおいて、「謙虚にして驕らず」と、社員が傲慢になることを戒めた後に、「さらに努力を」という一節を続けました。この「謙虚」である上に、さらに果てしない「努力」を重ねていくことが大切なのです。

 人間というのは、うまくいけばいくほど、どうしても傲慢になって失敗していくものです。同時に、慢心し、「このぐらいはいいだろう」と気持ちが緩み、安楽さを求めるようになっていきます。それが落とし穴になるのです。

 戦後の企業経営史を見ますと、まさに寂寞(せきばく)の思いがいたします。歴史もあり、社会から高い評価を受け、素晴らしい経営を続けていたはずの企業が、乱高下の激しい波乱に満ちた歴史をたどるようになったり、むしばまれるように衰退を遂げていったり、ついには破綻してしまうなど、まさに死屍累々(ししるいるい)の観を呈しています。また現在でも、もともと立派であった大企業が大変な苦難に遭遇しています。

 そういう無残な様を見るにつけ、「やはり、経営者の気持ちが慢心し、堕落していくから、そのような悲惨な事態を招いてしまったのだ」と思い、今までずっと「謙虚にして驕らず、さらに努力を」と、口うるさいほどに京セラで言い続けてきたのです。

(写真/菅野勝男)
(写真/菅野勝男)

次ページ 創業期と同じ努力を続ける