一般的なアパレル企業の原価率が20~30%のところ、ワークマンは65%。 それでもチェーン全店売上高に対する経常利益率は17%を確保している。 なぜこんなことが可能なのか。

 PB(プライベートブランド)商品を、同社の成長ドライバーへと育て上げた 小濱英之社長のインタビューからその秘密を探る。


<特別リポート全体の目次>
・原価率は他社の倍!それでも儲かるワークマンの圧倒的商品開発力
・半端な工夫では原価は下がりません(9月8日17時公開予定)


高機能で低価格の商品を生み出し続けるワークマン。どんな要件を整えれば、原価率65%が実現できるのか。6つの数字から、ワークマンの商品開発を解剖する。

 ワークマンへ作業服を買いに来たお客は値札を見ないという。価格は980円、1900円、2900円にほぼ集約されていて、機能が上がるごとに1000円ずつ値段が高くなる商品構成だからだ。

 例えば、普通の防寒ブルゾンは1900円、耐久撥水防寒ブルゾンは2900円といった具合だ。常連客はそれを熟知しているから、値札を見ずにレジに商品を持っていく。そもそもワークマンは常に定価で販売し、値引きをしない。それが、お客との信頼関係につながっている。

 ここ数年、新業態「ワークマンプラス」の出店攻勢で一般客を取り込み、業績を伸ばしているワークマンだが、基本は作業服店だ。

 作業服は消耗品であって、嗜好品ではない。消耗品である以上、低価格でなければいけない、というのがワークマンのスタンスだ。

 どんな過酷な環境下でも快適に働けるよう、品質を担保し、決して機能をないがしろにしない。

 製造原価を積み上げ、そこに利益を上乗せして売値を決めるのではなく、「売価ありき」でスタートする。この値段で売りたい。ついてはどこをどう切り詰め、いかに売りたい価格に近づけていくか。それを考えていくのが、ワークマン流である。

 この大方針があるからこそ業界ではあり得ない原価率65%を堅持すべく、ワークマンはさまざまな努力を続けている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1403文字 / 全文2263文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。