中堅・中小企業経営者が今読むべき新刊書籍4冊を紹介する。今月は、トーマス・グリタ、テッド・マン著 『GE帝国盛衰史』のほか3冊を取り上げる。

そのとき何が起こっていたか

『GE帝国盛衰史』
『GE帝国盛衰史』
著者:トーマス・グリタ、テッド・マン/出版社:ダイヤモンド社/価格:2200円

 世界最大の複合企業、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の凋落を描いた1冊。

 2018年、同社はダウ工業株30種平均(ダウ平均)の構成銘柄から外された。これはもはや米国で最も重要な企業の1つではないことを意味している。以降、運輸交通事業やバイオ医薬品事業を売却するなど解体が始まっているという。

 1980年代から90年代、飛ぶ鳥を落とす勢いだった同社がなぜこんな事態に陥ったのか。本書では、経営戦略やビジネスモデルではなく、ウェルチ、イメルト、フラナリーという歴代経営者を主語にして語られていて、巨大企業の衰退が驚くほど身近に感じる。

 膨れ上がった事業分野、なりふり構わぬM&A、違法すれすれの会計処理などGEが抱える問題はどれも根深い。

 そんな同社の暗部を象徴するのが、イメルト時代のコーポレートジェット問題だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り961文字 / 全文1409文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。