前回は、データに基づいて中国IT労働者の全体像を紹介しました。今回はオンラインビジネスのバリューチェーンの上流から下流にわたって働く人のリアルな実態をご紹介します。

 世の中の労働者は職務内容や収入水準によって、ブルーカラー、ホワイトカラー、ゴールドカラーの3層に大別できます。中国のオンラインビジネスを支えている労働者もそれは同じです。

 ブルーカラー(一般的に現場労働者を指す)は一見、IT業界との関連が薄いと思われますが、実はオンラインビジネスの物流基盤を構成する、なくてはならない存在です。例えば、EC(電子商取引)や出前アプリにおける配達員、ライドシェアサービスにおける運転手などがそうです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2585文字 / 全文2916文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。