考え事の多い社長の脳をリフレッシュする連載の第24回。今回は、適切な判断力や前向きな気持ちを維持する課題だ。リズミカルに答えていくのが効果アップのポイント。早速挑戦してみよう。

 意欲や認知にかかわる前頭前野を鍛えていきましょう。途中で切り替わる質問に素早く反応し、テンポよく回答していくことがポイントです。

指示に従い、正解だと思うほうを選び、行動してください。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り691文字 / 全文880文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。