お金を使わないことを「偉い」と思っている人は少なくない。そうした会社や社員の考え方を変えるのには、かなりのエネルギーが要ると星﨑社長は主張する。

今月の一句
使うべき投資ひよらず実行し
無駄な投資は撲滅すべし


(写真:鈴木愛子)
(写真:鈴木愛子)

 まだ大きな赤字を抱えていた頃、閉店30分前に駆け込んできたお客様を「この時間から検査を始めると、閉店時間に間に合わないので」と断っている店があることが発覚しました。

 私は「今は1円でも売り上げが欲しい状況なのに、何を考えているのか!」と激怒しました。

 ただ、社員がこんな姿勢でいたのには、会社にも責任がありました。前の経営陣が業績不振を理由に、一切の残業を禁じていたからです。「そうした場合の残業代はきちんと支払うから」と伝えるところからのスタートでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1336文字 / 全文1678文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。