働き方改革を進めようとすると、現場の長時間労働にまず目が向きがちだ。しかし、管理職の生産性を上げなければ、現場の生産性はいずれ頭打ちになる。社長の仕事も整理し、社長にしかできない業務に力を注ぐようにしよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2367文字 / 全文2386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題