<span class="fontBold">ぬまた・しょうじ</span><br>神戸物産創業者、町おこしエネルギー会長兼社長。1954年兵庫県生まれ、兵庫県立高砂高校卒業後、三越に入社。81年食品スーパー創業。フランチャイズ方式で「業務スーパー」を全国展開し、外食事業や全国に20を超える食品工場も運営。2012年、長男博和氏に社長職を引き継ぎ、CEOとして博和氏とダブルトップで経営を行う。16年、日本が抱える問題である食料自給率アップ、エネルギー自給率アップを大義名分とした町おこしエネルギー(兵庫県加古川市)を設立する(写真:松田弘)
ぬまた・しょうじ
神戸物産創業者、町おこしエネルギー会長兼社長。1954年兵庫県生まれ、兵庫県立高砂高校卒業後、三越に入社。81年食品スーパー創業。フランチャイズ方式で「業務スーパー」を全国展開し、外食事業や全国に20を超える食品工場も運営。2012年、長男博和氏に社長職を引き継ぎ、CEOとして博和氏とダブルトップで経営を行う。16年、日本が抱える問題である食料自給率アップ、エネルギー自給率アップを大義名分とした町おこしエネルギー(兵庫県加古川市)を設立する(写真:松田弘)

 私は布団カバーの行商から始めましたが、その頃に仲の良かった友人はみな、経営から手を引いています。残っているのは私だけ。中には事業に失敗して一家離散を余儀なくされたり、心身ともに追い詰められて自殺したりした友人もいました。

 そんな実情を間近で見てきて思うのは、経営者は常に「負けられない立場」にいること。経営者の決断や行動は、会社や社員、その家族の運命を大きく左右します。それだけの責任があります。

 ですから私は常に真剣勝負。自分のできることは最大限しなければならないと思っています。

「泥仕合」を避ける

 特に意識しているのは、どうすれば「余裕を持って勝てるか」です。勝つか負けるか分からない、我慢比べをするような「泥仕合」は避けるべきです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1485文字 / 全文1821文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。