前回に続いて、M&Aトラブルのチャンピオン、「株式をめぐるトラブル」を取り上げます。

 一般的にM&Aとは、「買い手が株主から売り手企業の株式を買い取り、経営権または所有権を取得する行為」を指します。

 しかし株主は1人とは限らず、また売買される株式の数は全株とは限りません。そしてここにトラブルの火種があるのです。

 しょっぱなから白状してしまいます。買い手と売り手、2人の株主が50%ずつ株式を持ち、共同経営するというM&Aを成立させてしまった――。私の過去の大きな失敗の1つです。

 なぜこれが大きなトラブルになるのか? その理由は、株式の取得比率によって経営上の権利が変わるところにあります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1256文字 / 全文1561文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。