ぬまた・しょうじ
ぬまた・しょうじ
神戸物産創業者、町おこしエネルギー会長兼社長。1954年兵庫県生まれ、兵庫県立高砂高校卒業後、三越に入社。81年食品スーパー創業。フランチャイズ方式で「業務スーパー」を全国展開し、外食事業や全国に20を超える食品工場も運営。2012年、長男博和氏に社長職を引き継ぎ、CEOとして博和氏とダブルトップで経営を行う。16年、日本が抱える問題である食料自給率アップ、エネルギー自給率アップを大義名分とした町おこしエネルギー(兵庫県加古川市)を設立する(写真:松田弘)

 諦めたときが、負けになる──。採算が取れなかったり、売り上げが伸び悩んだりしたとき、やむなく事業を停止することがあります。ですが、そこで諦めてさえいなければ、負けではありません。一時休戦なだけで、時を見て、再び挑戦して勝つこともできるからです。

 順風満帆で進む事業などありません。正直、二転三転、苦しいときのほうが多い。ですから、諦めてしまう人がいるのも分かります。

使命感や大義を思い出す

 では、諦めてしまう人と、諦めない人は何が違うのか。それは「使命感」や「大義」を持っているかどうかではないでしょうか。

 私が今手がけている事業は、日本の食料自給率アップとエネルギー自給率アップを大義とし、それこそ「必ずやり遂げる」と不退転の覚悟で挑んでいます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1462文字 / 全文1801文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。