全1853文字

 緊急事態宣言の解除後も、在宅勤務や時差出勤が定着しそうだ。社員同士の交流が薄れ、会社と社員の距離が遠くなってきた。コロナで激変した会社の将来や、自分の生活の今後に不安を感じ、在宅勤務をしながら、転職活動に動き出す人も出ている。

 「ニューノーマル」と言われる、新しい働き方の時代、社員とコミュニケーションを深めるにはどうすべきかを探った。


<特集全体の目次>
・総論:「在宅増加による対話不足が“コロナ転職”招く」
・コロナ後、1日の仕事のリズムはこうつくる
・新常態の社内コミュニケーション よくある悩みに答えます
・やるならとことん楽しく! ジャパネット流コミュニケーション術
・話しやすい仮想オフィスを、画像のない音声チャットで実現
・「在宅勤務で作業の進捗確認は不要」識学 安藤社長


出社する社員と在宅社員の一体感をどうつくり、会社への愛着感を高めるか。朝の時間の使い方や、社内の情報を共有する透明性の確保が鍵になる。本特集で取り上げた事例から1日の仕事の進め方をまとめた。

 在宅勤務が当たり前となる今後、どんなコミュニケーションが一般的になるのか。それをイメージしていただくために、ある1日の働き方を時間を追って見ていこう。

 まず始業時には、リモートで朝礼を実施して、一緒に働く仲間であることを社員に実感してもらう。「おはよう。調子はどう」と1人ずつ声をかけるだけでよい。これで社員の孤独感は薄れるはずだ。

朝はリズムをつくる

 兵庫県芦屋市の珍味メーカー、かね徳は朝礼後、ビデオ会議で全支店の社員をつないでラジオ体操をする。頭や体を目覚めさせ、働く準備を整える意味がある。

 在宅勤務を導入する企業に向けた新サービスも出てきている。企業のストレスチェックなどを手がけるHRデータラボ(東京・新宿)は、フィットネスジム運営の文教センター(東京・品川)と連携し、「リモートモーニングストレッチ」を5月から始めた。

HRデータラボが平日朝に実施する「リモートモーニングストレッチ」。インストラクターがオンラインで指導する

 平日午前8時半から、ビデオ会議を使い、インストラクターと一緒に肩こりや腰痛を防ぐストレッチ体操を20分提供する。「おはようございます。姿勢いいですね」などとライブで話しかけてくれ、これも孤独感解消になりそうだ。