白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 運というのは目に見えないものですから、前のめりに話をすると煙たがる人もいます。でも、プロ野球のような勝負の世界に身を置いた人の多くは、運をとても大事にしています。運を良くするにはどうすればいいのでしょうか。

 例えば、植物は種をまいて水や栄養を与えて日に当て、手塩にかけて育てると、実がなります。実を独り占めにするのか、皆に分け与えるのか。それによって運勢が変わるとしたら、どうでしょう。

 感覚的に、自分のものだけにすると、運は逃げていきそうでしょう? 逆に、他人に分け与えたならば、受け取った人からまた新しい種が戻ってくると思いませんか。

 精神論に聞こえるかもしれませんが、運とはこのように自分と他人の間で、渡したり受け取ったりするものだと思います。別の言い方をすれば、運は意識的に引き寄せたり、育てたりできるのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り892文字 / 全文1261文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。