白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 勝敗を分ける大切な局面で平常心をどう保つか。カーリングチーム「北海道銀行フォルティウス」のメンタルコーチとして私に与えられた期間は4カ月だったため、心を強くするために時間をかけて取り組む状況ではない。そこで選手の考え方を変えることに注力しました。

 緊張している選手に「平常心でプレーしなさい」と言って落ち着くならば話は簡単ですが、実際にはリラックスしようと思うほど緊張は勢いを増します。心を制御するのは難しい。けれど、思考と行動はコントロールできます。

 まず思考。緊張は成功意欲が高ければ高いほど、責任感が大きければ大きいほど増します。つまり見方を変えれば、緊張感は成功意欲と責任感の裏返しで、素晴らしいのです。緊張することは良いことだと受け入れるようにします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1033文字 / 全文1373文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。