家業を承継し、一代で全く異なる会社に事業変革(トランスフォーム)した経営者、「事業トランスフォーマー」。第5回は、福島県会津若松市の仏壇メーカー、保志の保志康徳(ほし・やすのり)社長だ。生活様式の変化から仏壇の需要が減少、海外産の仏壇も出回り、会社存続のための「ミッション」と「商品」に悩んでいた保志社長だったが、ある出会いを機に事業改革を成し遂げる。

 保志は、1900年に保志社長の曽祖父が会津若松で仏壇・仏具の販売を始め、2代目の祖父が仏壇の製造と卸業にも手を広げて全国展開、創業80年の80年には社員700人、製造と卸売りを合わせたグループ年商は150億円にまで成長した。

 6代目の保志社長は1964年生まれ。もともと彼は、仏壇メーカーに入るのは嫌だったという。子供の頃に友達から「他人の不幸で商売をしている」と言われ傷ついていたからだ。

 中学生だったある日、祖父に「僕は将来、会社には入らない」と宣言。すると祖父は「親や子供を亡くした人の気持ちを考えたことがあるか? やり場のない悲しみの中で、仏壇に手を合わせると、その悲しさが和らぐ。こんな尊い商売はないぞ」と笑顔で語った。保志社長は、その時の祖父の笑顔と「尊い商売」という言葉が心に残ったという。

士気が上がらない現場

 80年代になると住環境は大きく変わり、人々の心からも仏壇の存在が離れ始め、仏壇の売り上げは右肩下がりに。90年代以降は、大手仏具商社による中国生産の仏壇が輸入され、単価も下がる一方だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1287文字 / 全文1932文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。