ちまたのM&Aの教科書ではトラブルの筆頭に挙げられ、基礎中の基礎とも言えるのが「株式に関するトラブル」です。今回はこれを取り上げます。

 株式に関するトラブルは、大きく分けると3つの種類があります。

  •  (1)所有者に関するトラブル
  •  (2)議決権に関するトラブル
  •  (3)反対株主に関するトラブル

 それぞれ全く特徴が異なり、対処方法も違います。そのうちで最も教科書的なトラブルが(1)です。要は、株式の本当の所有者が誰なのか分からない、というものです。

 これに類するトラブルとして、株式ではなく、株券の所在が分からない、数が足りないというものもあります。

 最近は株券不発行会社が多いのでそれほど問題にはなりませんが、2006年以前の旧法の時代は株券発行が原則だったため、古い会社になるとこの手のトラブルが散見されます。

 私が見た中で一番すごかった例は、契約式当日に株券を数え直したらどうしても1枚だけ足りず、デリバリー(契約実行)が延期になったというものです。

 株券紛失の場合、現在は株券喪失登録制度というのがあり、喪失登録から1年後(今後、さらに期間を短縮する新制度が施行される予定)には旧株券が無効になります。しかし当時は公示催告の上、裁判所の除権判決が必要で、とてつもなく手間ひまがかかる時代でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り960文字 / 全文1518文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

稲盛和夫氏の書籍を続々刊行

■『経営12カ条 経営者として貫くべきこと

 実践のなかから生み出された経営の要諦である稲盛和夫氏の「経営12カ条」。その真髄をあますところなく語った書籍『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)がついに刊行。

 『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』に続く「稲盛経営3部作」、ここに完結。


■『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって登場。