小さな会社でよくあるトラブルを弁護士の島田直行氏が解決する。今回のテーマは、定年後の再雇用。業務態度に難がある定年間近の社員の再雇用を、拒否することは果たして可能か。

(写真:PIXTA)

 経営者に「間もなく60歳で定年を迎える社員から雇用継続を要望されたが、業務態度に難があるので再雇用を拒否できないか」といった相談を受けることがある。

 結論から言えば、相当難しい。なぜなら「高年齢者雇用安定法」により、定年年齢を65歳未満に定めている企業には、社員が希望すれば65歳までの雇用を維持することが義務づけられているからだ。

 かつ、今年4月1日に施行された法改正で、65歳から70歳までの就業機会確保についても、努力義務が課せられた。

 つまり、60歳定年後の再雇用拒否は原則として違法ということだ。実際、定年後の再雇用拒否を違法と判断する判例が大半。企業側が1000万円を超える多額の支払いを命じられたケースもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1327文字 / 全文1735文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。