飲食店チェーンを経営する湯澤剛社長は、悩みに悩んだ末に、会社の一部売却を実行。「社長の器」のサイズを見極めた末の決断だった。多くの社員とは別れることになったが、それがお互いの幸福だと考える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2121文字 / 全文2142文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題