「古田土式・経営計画書」を武器に、多くの中小企業を顧客に抱える古田土会計の代表、古田圡満氏が、中小企業の社長が知っておくべき財務・経営の考え方を分かりやすく指南する連載。前回、その考え方を紹介した年間の「利益計画」の具体的な作り方を見ていきます。

(イラスト/高田真弓)
(イラスト/高田真弓)

 前回、経営計画は利益計画から作るべきであると紹介しました。今回は具体的な作り方を順に見ていきます。

 手順は簡単。来期の損益計算書(P/L)を下から順に埋めるように作ればいいのです。まず最初に、経常利益の欄に目標額を書き入れます。

 次は、営業外費用、営業外収益を決めていきます。営業外費用の欄には借入金の支払い利息を1年分入れます。営業外収益は、計画時点で発生することが分かっている額、それがなければ前年の実績値を使います。営業利益は「経常利益+営業外費用−営業外収益」で求められます。

 次に粗利益を求めるには、内部費用(販売管理費)を考えます。これは、(1)人件費、(2)未来費用、(3)一般経費、(4)減価償却費に分けて目標を設定します。経理担当者に「販管費の目標を作って」と頼むと、科目ごとに細かく金額を出してくることがありますが、社長の判断には4項目くらいがちょうどいいのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1018文字 / 全文1552文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。