白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 前号に続き、女子カーリングチーム「北海道銀行フォルティウス」の話です。カーリングではストーン(石)を投げるときに多くの選択肢があります。選手同士で戦術を話し合う時間が十分に与えられているため、そこで意見が割れることも珍しくありません。

 さらに、狙ったところにストーンが行っても、思わぬ跳ね方をして失点につながることもあれば、逆に「失敗した!」と思っても、ストーンが跳ねた方向がたまたま良くて結果オーライになることもままあります。

 そのため、ワンプレーが終わるたびに一喜一憂していたら、とてもメンタルが持ちません。「ああ、私たちはツイていない。なんでこうなるの」「A案でなく、B案を選択しておけばよかった」といった後悔を引きずると、次なるミスを誘発するからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1043文字 / 全文1381文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。