みなみ・けいた
みなみ・けいた
1985年石川県生まれ。米カリフォルニア大サンディエゴ校経済学部を卒業後、2009年に大和総研に入社。東京都内の外食企業などの勤務を経て13年1月に家業であるチャンピオンカレーに入社。16年10月から3代目の社長に就任(写真:山岸政仁)
『消費社会の神話と構造』
著者 : ジャン・ボードリヤール
訳者 : 今村仁司、塚原史
出版社 : 紀伊國屋書店
価格 : 2310円(10%税込み)

 今回は、20世紀フランスの哲学者・思想家であるジャン・ボードリヤールの著した『消費社会の神話と構造』を紹介します。

 本書は、現代社会において消費活動が持つ意味を解き明かすものとして、1970年にフランスで初版が刊行されました。その後すぐに各国語に翻訳され世界的なロングセラーとなり、刊行から50年以上が経過した今でも、消費社会分析の金字塔として名前の挙がる一冊です。

 誰しも、現代社会を表現する「消費社会」という言葉を耳にしているはずです。近現代では、多くの社会で豊かさの希求が奨励され、生産力と流通網の向上が世にモノを行き渡らせました。その結果、単にモノを供給するだけでは売れなくなった市場は、それまで考えられなかった数の購買上の選択肢を消費者に与えています。実際、歴史的に見てこれほど世界的に余剰があふれる社会状況は珍しいと言えるでしょう。その中で、消費は当初の「私有財の素朴な利用」から大きく変質したと考えられます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1402文字 / 全文1895文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。