借り入れを極力少なくし、自己資本比率を高める──。これは、企業経営を安定させる王道の考え方だ。小野写真館の戦略はこのセオリーに完全に反している。にもかかわらず、成長と安定を両立させている。小野哲人(てつんど)社長に、数字と手法をとことん開示してもらった。

(写真/PIXTA)
(写真/PIXTA)
茨城県ひたちなか市にある小野写真館の本店。小野社長が継いだ頃は、七五三から結婚式の前撮り、地元の学校行事の撮影までを1店でこなす、町の写真屋さんだった
茨城県ひたちなか市にある小野写真館の本店。小野社長が継いだ頃は、七五三から結婚式の前撮り、地元の学校行事の撮影までを1店でこなす、町の写真屋さんだった

 小野写真館は茨城県ひたちなか市に本社を置き、写真スタジオなどを運営している。同社の自己資本比率は直近の2021年9月期で6.2%。売上高対借入金比率は91.3%に達する。それでも高い利益率を記録し、金融機関からも評価されている。

 小野哲人(てつんど)社長の表現によれば、こうした「汚いバランスシート」と引き換えに、21年9月期末時点で、小野写真館は9億2884万円の現金を持ち、営業利益率は10.4%を達成した。小野社長が重視する、営業利益と減価償却費を合わせた売上高EBITDA(イービットディーエー)率は16.7%だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6289文字 / 全文6725文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。