今月の調査マン
東京商工リサーチ 情報本部情報部課長 増田和史
2003年東京商工リサーチ入社。情報本部で15年以上、企業倒産の取材や分析に携わる

 鶏卵販売の国内大手イセ食品(東京・千代田)のオーナーは、「卵でピカソを買った男」としても有名だ。そのイセ食品が関連会社のイセ(富山県高岡市)とともに3月25日、東京地裁から会社更生手続きの開始決定を受けた。負債は2社合計で約450億円に上る。

 業界トップ企業の突然の倒産は、生産施設のある地域の取引業者や金融機関に波紋を広げた。

 同社の会社更生法は、会社は申し立てをしていない。株主と金融機関が債権者の立場で申し立てた稀有(けう)な例だ。その株主はイセ食品の前社長で、実質的なオーナー(以下、オーナー)の長男だったため余計に複雑になる。同社の株式はオーナーが約74%、長男は約24%を保有していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り976文字 / 全文1355文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。