全1632文字

何かといえば「そうしたいのはやまやまだが、やりたくてもできない」という言葉が飛び交っていたメガネスーパー。そんな社内の「できない理由」を星﨑社長はどう潰していったのか。

(写真:鈴木愛子)

 メガネスーパーに来たばかりの頃、何かといえば「そうしたいのはやまやまだが、やりたくてもできない」という言葉が飛び交っていました。

 例えば、ファンドが設計した新しいコンセプトに基づき、リニューアルした店舗でのこと。

 この店では、売り上げが思うように伸びない理由の1つを、店舗のレイアウトのせいにしていました。

 その店には入ってすぐのところに、格子状の間仕切りがしつらえてありました。外から店の様子を見えにくくするためです。目隠しで店内が見えにくいほうがお客様も入りやすいのでは、という狙いでした。