何かといえば「そうしたいのはやまやまだが、やりたくてもできない」という言葉が飛び交っていたメガネスーパー。そんな社内の「できない理由」を星﨑社長はどう潰していったのか。

今月の一句
言い訳を探す人生もうやめよ


(写真:鈴木愛子)
(写真:鈴木愛子)

 メガネスーパーに来たばかりの頃、何かといえば「そうしたいのはやまやまだが、やりたくてもできない」という言葉が飛び交っていました。

 例えば、ファンドが設計した新しいコンセプトに基づき、リニューアルした店舗でのこと。

 この店では、売り上げが思うように伸びない理由の1つを、店舗のレイアウトのせいにしていました。

 その店には入ってすぐのところに、格子状の間仕切りがしつらえてありました。外から店の様子を見えにくくするためです。目隠しで店内が見えにくいほうがお客様も入りやすいのでは、という狙いでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1289文字 / 全文1650文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。