「ここまで社員が会社に不満を持っていたとは……」
思わぬ現実を突きつけられて、ショックを受ける経営者。

新型コロナウイルス感染拡大による、従業員の健康面への影響が懸念されている。
強まる不安感、運動不足や食生活の乱れで起こる体調不良。
そこに日々の業務の負荷が積み重なる。
経営者が知らぬ間に、従業員はじわじわと追い詰められていく。
もっとこうしてほしい、ああしてほしいという従業員の心の声は経営者に届かない。

そんなときに有効なのは、組織(従業員)の状態を可視化することだ。
従業員満足度(ES)などを調査し、体調不良や離職につながる課題に手を打っていく。
調査結果には従業員の「状態」や「本音」が如実に出る。
それは大抵、経営者の認識とは大きくかけ離れた「思わず目をそらしたくなるもの」だったりする。
そんな経験をしながらも、働きやすい「健康的な職場」を目指して取り組んでいる企業もある。
今、まさに必要な「従業員ケア」についてのヒントを探っていく。


(写真/PIXTA)
<特集全体の目次>
・なぜ社員はある日突然、静かに辞めていくのか?
・社員の〝笑顔レベル〟を知りたくて
・「離職率1%」の会社がしている社員ケアとは(5月17日公開)
・「社食」で気遣う気持ちが社員に届く(5月18日公開)



1つ20円から買える国民的チョコレートといえば、チロルチョコ。創業100年以上の歴史を持つ老舗菓子メーカーの4代目、松尾裕二社長は、従業員満足度の調査結果にショックを受ける。そこから何をしたのか。

松尾裕二[まつお・ゆうじ]社長
1986年生まれ。立教大学経済学部卒業後、コンサルティング会社に2年間勤務。2011年、父親が3代目を務めるチロルチョコ(東京・千代田)に入社。販売、開発、製造の部長を経て、17年に同社および松尾製菓(企画・販売部門はチロルチョコで、製造・物流部門は松尾製菓)の社長に就任。社員数はグループで約190人(写真/菊池くらげ)

2017年にチロルチョコおよび松尾製菓の4代目となった松尾社長は、就任後、さまざまな社内改革をしていると聞きました。19年にはES(従業員満足度)の調査もしたとか。きっかけを教えてください。

松尾:時系列でお話をすると、最初にやろうとしたのは、会社のミッション(使命)やビジョン(未来像)をつくることでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2583文字 / 全文3374文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。