白井一幸(しらい・かずゆき)
白井一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝3回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

 幹部にどれくらいの裁量を持たせるか。経営者なら誰しも悩むところでしょう。プロ野球界でも、コーチに選手指導を丸投げする監督もいれば、細かくコーチに指示を出す監督もいます。そのどちらが正しいのか。私はそのどちらでもなく、コーチのタイプによって任せ方を変えるのが正解だと考えています。

 例えば、あなたがこう言われたらどう思いますか。「この案件は、誰もしたことがない。ハードルは高いからこそ、君に任せたい」。チャレンジ精神旺盛な人は、これを意気に感じますが、物事を慎重に進めたい人は、恐れで行動力が落ちるかもしれません。

 では、慎重な人に幹部やコーチは務まらないのかというと、そんなことはありません。着実な仕事ぶりは貴重です。そういうタイプの人には、具体的な指示を出して任せるようにします。でも逆に、こまごまと指示を出すと疎ましく思う人もいます。

 本当に人それぞれで、野球でも、「腰をキュンと回して打ってみて」という感覚的な指示で調子を上げる選手もいれば、意味が分からず立ち尽くす選手もいる。コーチも同じ。具体的な指示が好きな人もいれば、抽象的な指示が好きな人もいるのです。