「この間お願いした件、先方に連絡してくれた?」と聞かれたら、答えは「はい」か「いいえ」のどちらかのはず。しかし、実際には「『はい』か『いいえ』で答えない人が少なくない」と星﨑社長は言う。なぜ結論を後回しにしてしまうのか。

今月の一句
結論を言うのがそれほど難しや?


(写真:鈴木愛子)

 「聞かれたことにはきちんと答えてください」。社員によくこう話しています。そんなことは簡単だと思うかもしれませんが、意外と難しいものです。

 例えば、社員に「この間お願いした件、先方に連絡してくれた?」と聞いたとします。答えは、「はい」か「いいえ」のどちらかのはずです。

 しかし、実際には「はい」か「いいえ」で答えない人がほとんどです。結論は後回しにして、できていない言い訳を長々と話したり、案件の現状をくどくど説明し始めたりする人が少なくありません。

 また「新しい施策についてどう思う?」と意見を求めたときも、こちらは賛成か反対かを聞いているのに、「私は賛成です」「反対です」と質問に正対した答えがすぐに返ってくることはまれです。

 なぜ社員ははっきり答えないのか。それは、返答次第で、自分が責められたり、責任を負わされたりするのではないかと思うためでしょう。

 私は社員が指示通りに動いていなかったとしても、怒ったりわめいたりしません。怒ったところで売り上げや利益が上がるわけではないのです。

 私が知りたいのは、なぜできなかったのか、それだけ。大切なのは、問題を解決することだからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り802文字 / 全文1431文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。