佐藤 章(さとう・あきら)
佐藤 章(さとう・あきら)
1959年東京都生まれ。82年早稲田大学卒業後、キリンビールに入社。97年キリンビバレッジ商品企画部に出向。缶コーヒー「FIRE」「生茶」などのヒット商品を開発。2008年キリンビールへ戻り、九州統括本部長などを経て、14年キリンビバレッジ社長に就任。16年フレンテ(現・湖池屋)執行役員兼日清食品ホールディングス執行役員に転じ、同年9月から現職。湖池屋の売上高は402億円(21年6月期、連結)、従業員数は826人(写真/鈴木愛子)

Q.スナック菓子市場で万年2位、負け犬根性が染み付いた社員をいかに鼓舞し、業績を回復させたのか?

A.価格競争から脱却、高付加価値商品にシフトした

 私がキリンビバレッジの社長を退任し、入社した2016年当時、湖池屋は負け続けていました。ポテトチップスの販売価格が過去10年にわたり下がり続けていたからです。

 売り場で負けないためには、圧倒的シェアを持つ業界のトップ企業と同じか、それ以下の金額にせざるを得ない。体力ではトップ企業に遠く及ばない当社は、利幅が急速に減る中で、赤字を出すまで追い込まれていたのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2062文字 / 全文2338文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。