「日経トップリーダー」2020年4月号の特集「コロナ危機下のBCP」から、事業継続を考えた取り組みを実践し、経営力強化に結びつけている企業の事例を紹介する。2社目は東京都瑞穂町で包装資材や緩衝材の設計・製造を手がける生出(おいづる)。共通の材料調達先を持つ7社と業務委託協定を結び、自社の工場が稼働できないときには代替生産を委託できる関係を築いている。(前回〈1〉はこちら

新型コロナウイルスの発生を受けて、感染予防対策を策定。2月中旬から実施してきた(写真/菊池一郎)
新型コロナウイルスの発生を受けて、感染予防対策を策定。2月中旬から実施してきた(写真/菊池一郎)
生出の概要

業 種:梱包材、緩衝材の設計・製造
設 立:1958年
売上高:12億円(2019年12月期)
従業員数:62人 (国内のみ)

 包装資材や緩衝材の設計・製造を手がける生出は、2月中旬から新型コロナウイルスの感染予防対策を始めた。

 まず、社内清掃時にドアノブ、テーブルなどの除菌を徹底した。

 社外との接触は極力避け、手洗いの励行などを要請。出勤前に体温をチェックしてもらい、37・5度以上の発熱がある場合は上司への報告を義務づけた。

 発熱があるなど社員に感染の懸念があれば3日目までは自宅待機を指示し、医療機関の受診を促す。希望すれば有給休暇の取得も可能とした。

多能工化を進める

 生出が2月にこうした対応を迅速に打てたのは、以前からBCPを作成していたからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1774文字 / 全文2310文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。