「日経トップリーダー」2020年4月号の特集「コロナ危機下のBCP」から、事業継続を考えた取り組みを実践し、経営力強化に結びつけている企業の事例を紹介する。4社目は山口県岩国市で住宅用給水管の設計・組み立てを手がけるカワトT.P.C.だ。同社は、生産性向上をとことん進めることで、思わぬトラブルに強い事業継続力の高い組織を実現している。(前回〈4〉はこちら

 「昔からインフルエンザによる学級閉鎖や学校閉鎖は1週間単位であった。政府の休校要請もそれの延長だと思えるし、どうしても対処し切れない事態が起きたら、そこから必死で取り組むだけ」

 住宅用給水管の設計・組み立てのカワトT.P.C. (山口県岩国市)の川戸俊彦社長は余裕の構えだ。

カワトT.P.C. の川戸社長(写真/橋本正弘)
カワトT.P.C. の川戸社長(写真/橋本正弘)

 カワトの主力事業は、マンションやホテルなどで使用する給水管の設計と組み立て。物件ごとに仕様が異なるものを1つずつ人手で組み上げる。

 強みは、複数の工場で製造する「拠点分散」「管理のシステム化」「従業員のモチベーション向上」。どれも使い古されたキーワードだが、徹底して取り組んだ結果、自然災害や感染症拡大といったリスクへの対応力が高まった。

カワトT.P.C.の概要

業 種 住宅用給水管の設計・組み立て

創 業 1989年

売上高 50億円(2019年3月期

従業員数 345人

複数の工場でリスク分散

本社工場の様子。生産管理を徹底し、「チームAは翌日の午後3時〜4時に大阪府のAマンションの5階の部屋で使う配管を製造する」というレベルまで把握できる(写真/橋本正弘)
本社工場の様子。生産管理を徹底し、「チームAは翌日の午後3時〜4時に大阪府のAマンションの5階の部屋で使う配管を製造する」というレベルまで把握できる(写真/橋本正弘)

 カワトは全国に5工場を持つ。きっかけは、東日本大震災などを経て納入先の大企業から、BCPの観点で「1社依存を避けたい」と言い渡されたことだった。複数購買になると、不毛な価格競争に巻き込まれて消耗すると考えた川戸社長は、供給責任を果たすと約束して拠点分散を開始。1社購買を継続してもらった。

 岩国市内に給水管の組み立て工場が4つある。最も新しい工場は、JR岩国駅近くで1階にスーパーマーケットが入る商業施設の最上階。現在は12人規模と小さい。

 一般的に、拠点が分散すれば管理が難しくなるし、管理や物流のコストも増える。しかし、カワトではそうならない。人件費がかさむ工場長などを一切置かないフラットな職場だからだ。

 工場長など管理者がいなくても済むのは、全工場をカバーするシステム上で生産指示や管理ができる仕組みづくりと、最大10人程度で構成されるチームへの権限委譲が進んでいるためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1494文字 / 全文2462文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。