2019年末に閉塾した「盛和塾」。京セラ創業者の稲盛和夫氏が開いた私塾だ。閉塾直後からコロナ禍に襲われた元塾生たちは、どのように稲盛氏の教えを実践したのか。盛和塾のその後を追った。

機関誌「盛和塾」の91号には「不況を乗り切る五つの対策」が掲載されている
<特集全体の目次>
・ある経営者の稲盛哲学実践物語 過去最高益の裏に「リスク分散の教え」
・稲盛哲学を学ぶ場は健在 知識から実践へ、真価が問われる
・稲盛氏が唱える「不況を乗り切る五つの対策」とは
・稲盛哲学を活学にするための挑戦(4月15日公開)


元塾生たちは、閉塾後、稲盛哲学をどう学んでいるのか。そしてコロナ禍の激動の中、哲学をどう実践してきたのか。1人の盛和塾生に、この1年を振り返ってもらう。

盛経塾大和では月2、3回メンバーが集まり、稲盛哲学を学ぶ(写真/大峰堂薬品工業提供(以下同)

 奈良県大和高田市に本社を置く漢方薬メーカー、大峰堂(おおみねどう)薬品工業。辻将央(まさお)社長は、稲盛哲学を忠実に守って業容を拡大してきたことで元塾生の間でも名の知れた存在だ。コロナ下での取り組みを聞いた。

盛和塾の閉塾後、コロナ禍に巻き込まれました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3894文字 / 全文4327文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。