「日経トップリーダー」2020年4月号の特集「コロナ危機下のBCP」から、リモートワークの基本を紹介する。当初は一部のIT企業に限られていたリモートワークだが、感染拡大とともに多くの企業が導入を始めた。しかし、「導入したくても何をしたらいいのか見当もつかない」「導入したはいいが、管理や評価の仕方が分からない」と頭を抱える中小企業経営者も多い。先行して導入した経営者に導入の経緯と導入後の経過について聞いた。(前回〈6〉はこちら

 2月半ばの新型コロナウイルス感染拡大初期から、出社せず自宅などで働く「リモートワーク」を導入する企業が増えている。通勤電車や社内での感染を防ぎ、自宅待機の社員が増えても事業継続できる。ただ、導入しようにもどこから手を付けたらいいのか、頭を抱えている中小企業が多い。

 そこで、2月半ばから全社一斉のリモートワークを導入しているITベンチャーを取材すると、導入を推進するために留意すべきポイントが見えてきた。

 クラウドファンディング運営のCAMPFIRE(キャンプファイヤー、東京・渋谷)は、2月17日から全社員を在宅勤務とする体制を開始した。2月13日にコロナウイルス感染で国内初の死者が出たことを受け、週末に緊急の役員会議を開いて実施を決めた。

 家入一真社長の下には、コロナ騒動をきっかけにリモートワークを検討する経営者仲間から、「従業員の管理面で不安がある。自宅でサボらないかが心配だ」といった相談が相次いで寄せられたという。多くの社長が導入に当たって不安に感じる点だろう。

 実際には、「導入後しばらくしても、仕事の実績などを見ている限りでは生産性の低下は起きていない」と家入社長は話す。

 社員の働きぶりは、後述するビデオ会議ソフト「Zoom(ズーム)」で打ち合わせをしたり、メールやチャットツールで進捗を報告させたりすれば把握できる。

リモートワーク実現のポイント
<span class="fontSizeM">リモートワーク実現のポイント</span>
(写真:PIXTA)

ネット環境ない若手も

 リモートワーク実施の前日までに社員に翌日の予定を提出させるといった制度も導入していない。社員の負担が増える手続きを導入しても、結局「機能しない」(同)からだという。

 もう1つ、導入時には意外な問題が見つかった。20代を中心に、自宅でパソコンをインターネットにつなぐ環境がない従業員が多数いたことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1578文字 / 全文2535文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

稲盛和夫氏の書籍を続々刊行

■『経営12カ条 経営者として貫くべきこと

 実践のなかから生み出された経営の要諦である稲盛和夫氏の「経営12カ条」。その真髄をあますところなく語った書籍『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)がついに刊行。

 『稲盛和夫の実学』『アメーバ経営』に続く「稲盛経営3部作」、ここに完結。


■『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって登場。