2020年3月11日。WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック」と宣言してから1年が過ぎた。感染者数は世界で1億1800万人以上。世界中がいまだその脅威の中にいる。
 そんな中、コロナによるメンタル不調が心配されている。
 タフな社長も事業不振が続けば、例外ではない。
 社長としての資質や器に疑いを持つ人もいるだろう。
 そこで本特集は「社長の条件」というテーマを掲げ、取材を通して「社長とは何か?」を考えることにした。
 社長の条件、社長の資質、社長の器、社長の役割──。
 ニュアンスこそ違うが、世の中の社長はこれらをどう捉え、どう経営に反映させているのか。
 本特集を読む中で、改めて「社長としての自分」が見えてきて、進むべき道や今やるべきことがクリアになれば幸いだ。
 それでは早速、見ていこう。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

<特集全体の目次>
39歳で初就職、ドムドム藤﨑社長が語る社長の条件
従業員を納得させられないビジョンなら、外では語れない
社長歴50年超の経営者は「社長の器」をどう考える?
「コロナのせいで…」と泣き言を言っている人は社長の器ではない
グロービス堀学長「社長に向き不向きはない。役割を演じればいい」
コロナ禍では、社長の「伝える力」が問われている


コロナ下で問われる社長の「伝える力」

 グロービス経営大学院の堀義人学長が語った3つの社長の役割のうち2つ(役割2と3)が高いコミュニケーション能力を必要とするものだった。しかし現実は、その能力に秀でている社長は多くない。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 「社長が従業員にどんな伝え方をするのか。社外の関係者にどう説明するのか。危機下では特にトップの伝える力が問われる」。こう語るのは、これまで1000人を超える社長や企業幹部にコミュニケーションに関するコーチングを手がけてきたグローコム(東京・港)社長の岡本純子氏だ。

 「伝えることの重要性を知らず、決めて、指示して終わり、の社長はとても多い」(岡本氏)。

 キャッチボールは相手がしっかり受け取れてこそ成り立つ。会話も同じだ。「相手の行動変容を促す、しっかり受け取れる(理解できる)言葉を投げかけることが大事。指示をするとき、何のためにやるのか、どうやるのかまで話しているだろうか」(岡本氏)。

 適切なコミュニケーションは、「伝えて、伝わって、つながる」というステップを踏む。「話したから、伝えたから」で安心してはいけない。会議などで独演会状態になる社長は特に注意が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1648文字 / 全文2690文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。