2020年3月11日。WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック」と宣言してから1年が過ぎた。感染者数は世界で1億1800万人以上。世界中がいまだその脅威の中にいる。
 そんな中、コロナによるメンタル不調が心配されている。
 タフな社長も事業不振が続けば、例外ではない。
 社長としての資質や器に疑いを持つ人もいるだろう。
 そこで本特集は「社長の条件」というテーマを掲げ、取材を通して「社長とは何か?」を考えることにした。
 社長の条件、社長の資質、社長の器、社長の役割──。
 ニュアンスこそ違うが、世の中の社長はこれらをどう捉え、どう経営に反映させているのか。
 本特集を読む中で、改めて「社長としての自分」が見えてきて、進むべき道や今やるべきことがクリアになれば幸いだ。
 それでは早速、見ていこう。

(写真:PIXTA)

<特集全体の目次>
39歳で初就職、ドムドム藤﨑社長が語る社長の条件
従業員を納得させられないビジョンなら、外では語れない
社長歴50年超の経営者は「社長の器」をどう考える?
「コロナのせいで…」と泣き言を言っている人は社長の器ではない
グロービス堀学長「社長に向き不向きはない。役割を演じればいい」
コロナ禍では、社長の「伝える力」が問われている


夢中になる姿が周囲に好影響を

 映画やドラマの主人公を地で行く異例の職歴を持つ社長がいる。日本初のハンバーガーチェーンを率いるドムドムフードサービス(神奈川県厚木市)の藤﨑忍社長だ。異なる3つの舞台でトップに立った藤﨑社長の働き方から、社長とは何かを考える。

藤﨑忍社長
1966年生まれ。青山学院女子短期大学卒業後、すぐに結婚・出産し、政治家の妻となる。39歳で初めて働くことになり、SHIBUYA109のブティック店長、居酒屋オーナーを経て、2018年ハンバーガーチェーンの社長に就任(写真:菊池くらげ)

藤﨑社長はドラマの主人公のような職歴の持ち主ですね。

 政治家の娘として生まれ、小・中・高・短大と青山学院に通い、大学卒業後すぐに結婚・出産し、政治家の妻となる。けれども39歳のときに夫が病に倒れ、家計を支えるために初めて社会に出て働くことに。それがいきなり最新トレンドの中心地「SHIBUYA109」にあるブティックの店長。そこで年商を2倍にする才覚を発揮。

 そこから居酒屋のオーナーに転身して成功を収めるものの、今度は店のお客に誘われ、51歳でハンバーガーチェーンのドムドムに入社。わずか10カ月で異例の大抜てきで社長になるという……。

藤﨑:はい。その通りです(笑)。みなさん驚かれます。

ブティックの店長(雇われ店長)、居酒屋オーナー(創業者)、ハンバーガーチェーン社長(社内出世)という3つの舞台でトップに立った藤﨑社長に、それぞれの立場で大事にしてきたことなどをお聞きし、社長の条件や資質を考えたいと思っています。

藤﨑:難しいテーマですが、よろしくお願いいたします。

 まずは109のブティックで店長だったときの話からですね。

 39歳で人生初の就職でしたから、何もかもが新鮮。スタッフは10代の女の子ばかりでしたので、娘との関係性を築くようなコミュニケーションを取りました。

 スタッフ自身が最新ファッションの教科書だったりもしたので、彼女たちと相互理解を深めたり、近隣の店を回って調査・分析をしながら、アパレル業界のことを少しずつ学んでいきました。

渋谷の109といえば〝ギャルの聖地〟と呼ばれていた場所です。そこを選んだ理由は?

藤﨑:親友が仕事を紹介してくれました。母親が109でブティックを経営しているからそこで働かないかと。渋谷は学生時代に長年過ごした場所でしたから、なじみもありました。

 店長といっても雇われ店長なので、親友のお母様のオーナーとは、いろいろ意見がぶつかりました。

 こだわりがとても強いオーナーで、店頭でTシャツを並べる順番も、「白、黒、赤、オレンジの順で並べてね」と言う人でした。私は白の後は薄い色から順に、最後は黒という並べ方のほうが売れると思っていたのですが……。ラック1つとっても、「これを買って使って」と指示される感じでした。

 ただ、そこは工夫しました。数字で比較して見せました。

 お互い「売り上げを伸ばす」というのは共通の目標ですよね。だったら、このほうが売れると丁寧に説明すればいい。

 Tシャツの並び順を変えて、「こう並べたほうがこれだけ多く売れました」と結果を数字で比較し、納得してもらったのです。

 そんなことを一つ一つしていくうちに、次第に「売れるのであれば、任せるわ」と自由にやらせてもらえるようになりました。

続きを読む 2/4

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。