白井 一幸(しらい・かずゆき)
駒澤大学卒業後、1983年ドラフト1位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)入団。91年リーグ打率3位、最高出塁率を記録。現役引退後は米ヤンキースでのコーチ留学を経て、日本ハムの二軍監督、一軍ヘッドコーチなどを務め、リーグ優勝2回、日本一2回を獲得。17年に退団後は、野球解説のほか企業研修などにも活動の場を広げる(写真:菊池一郎)

  前号に続き、「勝負の流れを変えるターニングポイント」について考えましょう。流れが悪いときは、どうすれば流れを変えられると思いますか。私が指導者の頃に使ったのは、次のような方法です。

 チームには2つのタイプがあります。勝っているときに隙が出やすいチームと、隙が出にくいチームです。

 隙が出やすいチームが相手なら、こちらから仕掛けずにじっと待ちます。どこかで必ず油断しますから、そこで確実なバッティングをする選手を代打で送るなどして、流れを引き寄せます。

 油断というのは、相手が凡ミスでエラーしたり、気の抜けたプレーで三者凡退したりしたときです。「ちょっとしくじった」と相手が思っているときは、ターニングポイントになりやすい。そこを見逃さないようにします。

 一方、隙を見せないチームが相手の場合は、こちらから思い切って仕掛けます。例えば、やたらエネルギッシュで、試合に出ると何かとんでもないことをやり出しそうな、予測不可能な選手を代打で送る。現役時代の新庄剛志氏をイメージすればいいでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り807文字 / 全文1259文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日経トップリーダー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。