人口減少、デジタル化など、事業環境が大きく変わる中、新規事業を模索する中小企業経営者が増えている。頭を軟らかくするヒントをスタートアップの発想に学ぼう。今回登場するのは、携帯電話のように常時通信ができる鍵「TiNK(ティンク)」を開発するtsumug(ツムグ)の牧田恵里社長だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2024文字 / 全文2042文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題