全2617文字

丁稚奉公先からいきなりクビを言い渡され、部下2人を連れて独立した若き日のタビオ越智直正会長。旧知の工場からも冷たくあしらわれる中、どう事業を軌道に乗せたか。