家業を承継し、一代で全く異なる会社に事業変革(トランスフォーム)した経営者、「事業トランスフォーマー」を紹介する本コラム。今回は平川食品工業(佐賀県武雄市)の3代目、平川大計社長を紹介したい。霞が関の官僚から家業の豆腐製造卸に戻り、新商品を開発し販路を広げて家業の売り上げを6倍以上にした。

官僚を辞め、新たな出発に備え、とりあえず実家の会社に入社した平川社長。ところが家業は窮境。ここから事業変革が始まった(背景は嬉野店)
官僚を辞め、新たな出発に備え、とりあえず実家の会社に入社した平川社長。ところが家業は窮境。ここから事業変革が始まった(背景は嬉野店)

 平川食品工業は、1950年に平川社長の祖父が佐賀県北方町(現武雄市)で創業した豆腐店から始まっている。2代目の父親が76年に工場を新設、法人化して平川食品工業とした。「作れば売れた」という経済成長期に売り上げを伸ばし、80年代後半に月商1000万円規模まで成長させる。

 しかし90年代に大手スーパーが佐賀県にも進出、豆腐の価格競争が激化。さらに一番の得意先だった地元食品スーパーが97年に倒産し、平川食品は売り上げの約3割を失い倒産の危機に直面する。先代は食品卸経由の取引を増やしたが、食品卸のマージンは大きく支払いサイトも長かったため、同社は資金繰りに苦労するようになる。

本来マッチしない通販に活路

 平川大計社長は71年生まれ、九州大学の大学院を修了後、旧運輸省に入省している。家業を継がないことは両親も承知しており、入省後は港湾局に配属されて深夜まで猛烈に働く生活を送る。次の航空局では比較的時間に余裕があり、世の中がIT起業ブームになっていることに興奮した。

 平川社長は自分でも起業してみたくなり、2000年に役所を辞めて実家に戻った。「腰掛けのつもりで」(平川社長)入社したが、平川食品は倒産寸前で、運転資金を高利貸しからも借りている状態。平川社長は「目の前で溺れている人がいたら助けるのと同じ気持ち」で家業の救済に乗り出す。

 佐賀県嬉野温泉には「温泉湯豆腐」という旅館の名物料理がある。弱アルカリ性の温泉水を使うため、トロトロになる湯豆腐だ。平川食品は87年にこれを通販商品として売り出す。だが、ほとんど売れなかった。

 豆腐は低単価で、その上消費期限も短く冷蔵便で送るため、通販には向かないとされていた。とはいえ、従来通りの製造卸では先がない。そこで平川社長は、改めて「温泉湯豆腐の通販」に注力することを決意する。通販は直接販売で利幅が大きく、資金回収も早いことに懸けた。

次ページ 選んだ道を正解にする覚悟